100個専門の加工食品の受託製造(OEM) 100個専門の加工食品の受託製造(OEM)

飲食店や宿で出している調味料やタレ・薬味など、
「これ持って帰りたい」とお客様に言われたことはありませんか?

以前は調理場で瓶詰めしていた、という話は聞きますが、今は食品の関する法律も変わっていて、
そういうものを作る場合にはエリアを分ける必要があり簡単にできなくなっています。

新たに設備を設けるにも場所と資金がいるし、
委託製造先はあるけど製造数量が多すぎる…そんなお悩みをお持ちではないでしょうか?

「うまいもん工房 ぜん」では、そんなお悩み(課題)を解決するため、
常識破りの100 個(最大で)という数量で、
瓶・キャップ付パウチ専門で受託製造(OEM)を承ってます。

1回の製造につき最大
100
委託製造(OEM)を承ります

  • ※ 瓶・キャップ付きパウチ容器詰専門で、そうざい製造業の許可でできるもの・常温保存できるもの、またレシピのあるものに限ります。
  • ※ 内容量は、ドレッシング・ポン酢等、液状のものは約150g。
    味噌・ディップソース等、粘性のあるものは約100g
このような方におすすめ このような方におすすめ
  • Step1 お問い合わせ

    お問い合わせ

    作りたい商品についてお聞かせください

    ・商品の主原料(多いものから3つほど)
    ・商品形態(瓶またはキャップ付きパウチ、内容量)
    ※内容量は、ドレッシング・ポン酢他、液体の場合約150g、味噌・ディップ等の粘性のものは約100g
    ・ご希望の製造数(最大100 個、それ以下でも可)
    ・その他ご要望

    ※ 容器詰め加工が可能かどうかを判断するために、サンプルを送付のお願いをする場合があります。

    ご相談・ご依頼はこちら

    ポイント1 ポイント1

  • Step2 無料お見積り(概算)

    無料お見積り(概算)

    お見積り(概算)のご連絡をいたします

    まずご要望の商品を加工可能かどうかのご回答と、可能であった場合のお見積り、そして納期を含めた全体のスケジュールをお伝えいたします。

    ポイント2 ポイント2

  • Step3 食品の製造

    食品の製造

    ご予算、材料、資材等全ての条件について調整でき次第、本製造を実施します

    ご発注にあたり、必要な場合は契約書を交わします。
    弊社ではお客様からお預かりする大切なレシピが外に漏れないために、徹底した情報管理をさせていただきますのでご安心ください。

    ご発注後、弊社からご請求書を発行いたしますので、ご入金の確認とレシピをいただいたら、いよいよ食品製造に取りかかります。

    ~商品製造の様子~

    ~容器入れの様子~

    ポイント3 ポイント3

  • Step4 完成・納品

    完成・納品

    完成した商品をお届けいたします

    完成したオリジナル食品をご納品いたします。
    ※1 回加工毎の料金形態になりますので、試作品というものが存在せず、加工毎に料金は同じく発生します。
    ※配送料は別途ご負担いただきます。

    ポイント4 ポイント4

うまいもん工房 ぜん代表
「金光 哲」のご紹介

うまいもん工房 ぜん代表「金光 哲」

高校卒業後様々な職を経験、20代の頃スキーリゾートのアルバイトで訪れた信州小谷村で、大自然の魅力に引き込まれて、約10年近くを地域で過ごす。

その時に食べた「コショウ味噌」に衝撃が走り、辛いものが苦手な私の記憶に残りました。

神戸の大震災の後大阪に戻り、何度となく家人にその衝撃の味の話をしていましたが、レシピも伝えていなかったのですが、母がアレンジで作ったものを食べた時に、初めて「コショウ味噌」を食べたときの記憶が蘇って、それからは欠かさず食べていました。

「コショウ味噌」が元になったその味に魅せられて、この味をもっと多くの人に知ってほしいという思いから商品化することを考えて、試行錯誤を繰り返し「ぜんの辛んま 青唐辛子みそ」として誕生しました。

海外バイヤーと商談する機会があり、ベルギーは1回、その後フランスのバイヤーに提案することができ、2016年フランスへ輸出が始まり、2020年春、「うまいもん工房ぜん」にて製造開始。
と同時に、まだ広く知られていない美味しいものを少しでも多くの人に知ってもらうきっかけになれば、という思いから、小ロットに特化した受託加工のサービスもスタートする。

よくある質問

お客様からよく寄せられる食品加工に纏わるご質問をまとめてみました。

小ロット加工のメリット・デメリットを教えてください。

~メリット~
・初めてでも取り組みやすい数量
・賞味期限切れによる廃棄のロスが少ない
・容器やラベルなどの変更や修正がしやすい
・小規模事業者や個人でも始めやすい
・小規模農家さんの加工品作りにマッチする
・長く続けられる

~デメリット~
・数量が少なすぎる
・1個あたりの製造単価が高い
・販売数量が増えた場合の不安

製作期間はどれくらいですか?
お打ち合わせ終了後、原材料が届いてから2 週間以内になります。
予算はどれくらいで作ることができますか?
内容によって異なりますので、ぜひ一度ご相談ください。無料でお見積りをさせていただきます。
どのような食品だったら商品化できますか?
そうざい製造業の許可でできるもの。(常副食物として供される物)瓶詰に限ります。ご検討中の食品が該当するかがわからない場合は、お気軽にお問合せください。
100 個以下の小ロットでも可能ですか?
可能です。ただしロット数が少なくなっても加工料金は変わりません。
一個当たりの単価が上がってしまいますので、ご予算を考慮した上でご検討ください。
逆に大量ロットをお願いすることもできますか?
100 個以上の製造をご希望の場合は、まず少ない数量での製造販売をお試しいただき、販売見込みができた後に、製造数を増やしていくことをお勧めします。
その場合ももちろんご相談を承ります。
賞味期限はどのように決まりますか?
製品が完成後に、品質保持の検査を専門の機関に依頼することで判断します。(複数の方法があります)
容器の手配はどうしたらいいですか?
契約後に専門の業者様をご紹介させていただきます。
原材料表記などはどうしたらいいですか?
継続して販売する場合は、専門の機関で検査に出す必要があります。(不要な場合あり)内容に応じてご案内させていただきます。

お問い合わせ

あなたも、まだ世に出ていない「自慢の味」を商品化してみませんか?
思わぬきっかけで人気に火がつくかもしれません。
製造に関する専門知識、ご予算などで迷っている方は、
ぜひ「100個以下」で始められる「うまいもん工房 ぜん」までお気軽にご相談ください。

FAXはこちら06-7635-5718

Zoom やSkype などの
リモートお打ち合わせにも
ご対応いたしております。

お名前必須
メールアドレス必須
連絡のつきやすい電話番号必須
商品の名前・主原料必須

多いものから3 つほど教えてください

ご相談・ご依頼内容任意

ぜん(以下、「当社」といいます)では、 当社は、お客様のプライバシー・個人情報を保護することが、事業活動の基本であると共に、社会的責務であると考えております。
ここでは国内での個人情報の取扱いの基本方針についてご紹介いたします。

個人情報の取扱いについて

当社は、個人情報の取扱いにつき、業務実態に応じた個人情報保護のための管理体制を確立すると共に、適切かつ慎重に取り扱います。

(1)個人情報の収集について

当社は、個人情報を収集する際は、ご本人に事前にその目的、利用内容を伝えた上で、適切な範囲で適法かつ公正な手段で個人情報を収集します。 なお、次のような場合に必要な範囲で個人情報を収集する場合があります。

● メールニュース配信への登録
● 商品、その他サービスの購入、注文
● お問い合せ

(2)個人情報の利用について

当社では、個人情報を次のような目的に使用します。
収集目的の範囲外で利用する場合は、ご本人による事前の了解のもとに行います。

● メールニュース配信への登録
● 商品、その他サービスの購入、注文
● お問い合せ

(3) 個人情報の提供について

当社は、ご本人の許可なく第三者に個人情報を開示または提供することは原則的にいたしません。
個人情報を第三者に提供する際には、事前にご本人の同意をいただいてから収集目的の範囲内で行います。ただし、以下の場合を除きます。

● 法律の適用を受ける場合
● 警察からの要請などの官公署からの要請

(4)個人情報の開示、訂正等について

当社は、ご本人から自己情報の開示、訂正・削除、または利用もしくは提供の拒否を求められたときは、確実に応じます。

上記事項に同意する

※迷惑メールの受信拒否設定を行っている方は、
【@karanma.net】からのメールを受信できるように設定を行ってください。

このページのトップに戻る